結婚式 体験談

【心配】挙式前に親族が亡くなった場合はどうすればいいですか?

Q.結婚式を控えている者です。もしもの場合の話なのですが、もし挙式前に親族が亡くなってしまった場合はどうすればいいでしょうか?予定通り式を挙げても大丈夫でしょうか?またその際はどんな結婚式場が良いのでしょうか。

A.親族が亡くなられても結婚式は挙げて大丈夫です。

結婚式の前に親族に不幸がある、ということは全く無いとは言い切れませんよね。現在親族の中に病気療養中の人がいるという場合は、このような事態になってしまうこともあるため、もしもの場合を考えておいた方が良いかもしれません。結論から申し上げますと、結婚式をするならさくらヒルズだと考えています。

現在質問者さんがどのような状況にあるかは分かりませんが、もし結婚式の前に質問者さんの親族が亡くなられてしまっても、予定通り結婚式を挙げてもマナーとしては問題ありませんよ。結婚式にゲストとして招待していた方であったとしても、結婚式を挙げることに対しての問題はなく、むしろ予定通り式を挙げた方が亡くなられてしまった方も喜んでくれるのではないでしょうか?

喪に服して式を控えるという考え方もありますが、親族の方も皆さんの晴れの日を楽しみにしていてくれたからと考えれば、結婚式を挙げた方が親族の方にとっても嬉しいことですよね。もしも今後そのようなことがあった場合には、親族の方のためにも予定通り結婚式を行い、皆で笑顔で過ごす、というように考えると良いでしょう。

しかし、親族の方が亡くなられた日が結婚式の前日や前々日となると、葬儀の準備なども行わなくてはなりませんから、結婚式の予定をずらすなど対処が必要となることもあります。皆さん自身も他の親族も葬儀には参加することになりますし、葬儀を行うタイミングというものはある程度決まっているものですよね。もしそのような場合には式場に早めに連絡し、日取りをずらしてもらえるようお願いしてみましょう。

再度スケジュールを組み直さなければなりませんが、結婚式自体は行うことができますので、またゆっくりと考えていくとう余裕を持つようにしてみてください。まずは葬儀をしっかりと行い、その後に亡くなられた方にも喜んでもらえるような結婚式を行いましょう。結婚式場には亡くなられた方の席も準備し、一緒に式に参列してもらえるような配慮をしておくことも忘れないようにしてくださいね。

【お悩み】家族に結婚式を反対されています・・・

Q.彼と結婚することが決まったのですが、家族から式を挙げることに反対されています。実は海外で式を挙げようと考えていて、そのことで反対されています。彼の家族は快く了承してくれたのですが、私の家族は猛反対で・・・。私達は海外で式を挙げたいのですが、どうしても日本で挙げてと言われて悩んでいます。どうやって説得すればいいでしょうか?

A.まずはご家族の気持ちもしっかり聞きましょう。

海外での挙式は最近ではかなり増えてきましたが、やはり中には反対されてしまうケースもあるものです。海外で盛大に式を挙げたい、景色の良いところで式を挙げたい、開放感のあるところで式を挙げたいなど、皆さんそれぞれ思いはあるかと思いますが、やはり結婚式は皆さんだけのものではありません。

もちろん新郎・新婦二人きりで式を挙げることもできます。その場合はゲストなどを気にせず皆さんだけの式を挙げることになりますが、質問者さんの場合はご家族も招待するということですよね。招待することが決まっているのであれば、まずはご家族の気持ちもしっかりと聞くようにしましょう。

海外で式を挙げたいという気持ちは十分に伝わっているかと思いますが、どうしてご家族が海外での挙式に反対するのか、もう一度話し合ってみることが大切です。反対を押し切って海外で式を挙げることができたとしても、やはり皆さんの心のどこかにはモヤモヤしたものが残ってしまうのではないでしょうか?

質問者さんには式に参列してくれるというご家族がいるのですから、しっかりと話を聞いて意見を言い合ってから改めて式について考えてみてください。どうしても海外で式を挙げたいのであれば、その気持ちももっと伝える必要がありますし、日本で式を挙げて欲しいというご家族の気持ちも伝えてもらうことが必要となります。

分かり合えない状態で式を迎えてもいまいちスッキリとしないものです。ご家族を一方的に説得するのではなく、お互いの気持ちをハッキリと伝え合ってから結婚式について考え直してみましょう。まずはお互いに納得できるまで話し合ってみてください。どこで式を挙げるのかを決定するのはそれからでも遅くはありませんよ。

また、結婚式は皆さん自身が主役となるものですが、これまでお世話になった人達に向けて感謝の気持ちを伝えるために行われるものでもあります。お世話になってきたご家族と共に作り上げていくものですから、独りよがりになるのではなく、周囲の人達の気持ちもよく汲み取って結婚式を挙げるようにしてくださいね。

【Q&A】結婚式を挙げやすい時期はありますか?

Q.先日、入籍しました。結婚式を挙げる予定ではいるのですが、まだ具体的には決まっていません。どのくらいの時期に挙げることがいいのかな?と考えている最中です。結婚式を挙げやすい時期はありますか?

A.暑すぎず寒すぎずゲストを招きやすい時期がオススメです。

結婚式を挙げる時期を決めることはなかなか難しいですよね。入籍の日であれば二人の記念日を選んだり、大安の日を選んだり比較的決めやすくなっていますが、結婚式の日取りは皆さんだけではなく招待するゲストも大きく関係していますから、皆さん本位で決めることができません。

例えば、年末年始は結婚式を挙げる時期としてはあまりオススメできませんね。年末年始はそれぞれが忙しくしている時期ですから、結婚式に招待されたといっても来られない場合がありますし、何よりゲストに対して迷惑をかけてしまうことが考えられます。常識的になっていない、と思われてしまうかもしれませんので、年末年始の時期は避けておきましょう。

また真夏や真冬も結婚式を挙げる時期には適していません。気候はとても重要なポイントで、暑すぎても寒すぎてもゲストに対して迷惑をかけてしまうものです。特に真夏の結婚式はゲスト側も皆さん側も暑さとの戦いです。式は基本的に屋内で行われることが多いですし、披露宴なども屋内で行われるケースがほとんどですが、ゲストが式場に向かうまでの移動なども含めて考えた場合、真夏の結婚式は非常に辛いものとなってしまいます。

これは真冬に行われる結婚式の場合にも言えることです。皆さん自身も暑さや寒さで体調が悪くなってしまったなど、結婚式自体にも影響が現れてしまうこともありますから、真夏や真冬の時期は外しておきましょう。

ただし、結婚式の費用を抑えたい!という場合は、敢えてオススメではない真夏や真冬を選ぶこともアリです。時期的には春や秋がぴったりですが、やはり気候が良いということで結婚式を挙げる人も多く、式場や披露宴会場の費用は高くなる傾向があります。屋外で結婚式を挙げたいという皆さんにとっては気候の良い春や秋はオススメですが、費用は安く済ませたいという場合には、思い切って真夏や真冬に挙げることも一つの手です。

その他、ジューンブライドということで6月に結婚式を挙げる人も多く見られています。女性の皆さんはジューンブライドへの憧れも強いかと思いますが、少し時期を外してしまうと梅雨真っ只中ということになってしまいます。日本の気候ではジューンブライドも台無し、ということになってしまい兼ねませんので、狙うなら6月前半の梅雨入り前がオススメです。

また注意しておきたい点としては、春は気候が良いので結婚式にも最適ですが、花粉症の人にとっては非常に辛い時期でもあります。春に屋外で結婚式を挙げる、となると憂うつ感を感じるゲストも出てきてしまいますから、どのような時期に式を挙げる場合であっても、ゲストに迷惑のかからない範囲で式について考えていきましょう。

【お悩み】あまり仲良くない友人を式に呼びたくない!

Q.結婚式に呼ぶ友人のことで悩んでいます。友人は多いほうなのでたくさん呼びたいと思っているのですが、その中には個人的にあまり仲良くない友人もいます。私としては仲良くない友人は呼びたくない!と思っています。でも私とは仲が良くないだけで、他の友人とは普通に仲が良かったりするので、後で何か言われたらと思うと憂うつです。。呼びたくない人がいる時はどうしたらいいですか?

A.親しくないのであれば無理して呼ぶ必要はありません。

まず結婚式は皆さんが主役となるものですし、皆さんが招くゲストを選ぶこともできます。たくさんの友人を招きたいけれど、仲良くない友人には来て欲しくない!ということであれば、無理をしてゲストに招くことはありません。

ここでは仮にAさんとしてお話しさせて頂きますが、個人的に仲が良くないということですから、Aさん側もそれほど質問者さんと親しいとは感じていないのではないでしょうか?質問者さんご友人とは仲が良いそうですが、その場合もし質問者さんがそのAさんを招待したとしても、Aさんの友人としてではなく、質問者さんの友人の友人として結婚式に来ることになりますよね。このような状況になってしまうと、式に招待されたAさんの気持ちとしても非常に複雑なものとなるかと思います。

質問者さんは結婚式にゲストを招待する立場ですが、反対に仲良くない人の結婚式にゲストとして招かれた時のことを考えてみましょう。正直言ってあまり気乗りしない、と感じるのではないでしょうか?お祝いはどのくらい持って行けばいいのかとお金のことばかり考えてしまうかもしれませんし、そもそも行く気すら起こらないかもしれません。

Aさんはこうした立場になってしまうかもしれないので、招待をすることでかえってAさんに迷惑な思いをさせてしまうことも考えられます。Aさん自身が質問者さんとの間柄をどのように感じているかは分かりませんが、お互いに親しくしていないのであれば無理をしてゲストとして呼ぶ必要はありません。

また、ご友人から後で何か言われたらという不安については、しっかりと「私はあまり親しくないから招待していないの」と伝えるようにしましょう。「どうしてAさんは呼ばなかったの?」と後になって聞かれるのは大変不安なことですが、Aさんがご友人とは親しくても、質問者さんとは親しくないということですから、そこは潔く自分の思いを伝えるようにしてください。曖昧にしておくとご友人との仲もかえって悪くなってしまうかもしれませんよ。質問者さんの結婚式であってご友人の結婚式ではないので、皆さんにとって本当に必要なゲストを招くことを考えてみてください。

【教えて】親族や仕事関係の知り合いはどこまで招待するべき?

Q.式に招待するゲストのことですが、親族や仕事関係の知り合いはどこまで招待することがマナーですか?親族や親や祖父母はもちろん呼びますし、私は姉がいるので、姉の家族も呼ぼうと思っています。でも従兄弟やさらに遠い親戚は呼ぶべきかどうか分かりません。仕事関係の招待客も呼ぶべきか迷っています。式に来てもらうゲストとの間柄の範囲について教えてください!

A.ごく親しい間柄の親族・知り合いを招きましょう。

結婚式では皆さんの家族、親戚、職場の上司、同僚、友人、恩師といったように様々なゲストを招くことができます。一般的に皆さんにとってごく親しい間柄の親族や知り合いを招くこととなっていますが、親しい間柄かどうか分からない、というケースもありますよね。

特に上司や同僚などは○○さんには来てもらいたいけれど、○○さんとはそれほど親しくないし・・・というように、同じ上司や同僚といった間柄でも皆さんにとっては親しい人・親しくない人に分けられてしまうものです。そのような場合には常日頃からごく親しくしている人だけに絞って、日常的にそれほど関わりのない人はゲストに呼ばない、と潔く決めてしまうと良いでしょう。

職場でお世話になっている上司、職場だけではなくプライベートでも仲良くしている同僚など、皆さんが結婚式に来てもらいたい!と思う人達をゲストとして招いてみてください。

これは親族の場合も同様です。まずは皆さんが一番親しくしている親族からゲストを選んでいくようにしましょう。質問者さんにはお姉様がいらっしゃるということですから、お姉様の旦那様やお子さんも一緒にゲストとして招くことがマナーです。お姉様のお子さんは質問者さんの立場からは甥っ子・姪っ子ということになりますから、ゲストとして一緒に招待しましょう。

ただ、お子さんがまだ小さいという場合は式場やご家族と相談しながら式当日の対応について考えておく必要があります。式に参列させるのか、もしくは別室で待機していてもらうのか、お姉様ともよく相談の上で決めるようにしてくださいね。

また、従兄弟や遠い親戚を式のゲストとして呼ぶ場合、あまりにも関わりのない間柄である場合はそれほどゲストとして招待することにこだわらなくても大丈夫です。晴れの日に親戚が皆で集まる、というのは嬉しいことですが、遠方から親戚を招く場合は宿泊費や交通費など手間もお金も掛かります。

普段からよく関わり合いのある従兄弟や親戚である場合は招待した方が良いですが、年に1回も会わないなど関わり合いの薄い親戚の場合は結婚式の時だけ招待する、ということも失礼にあたってしまい兼ねません。なので、あまり式への招待に関しては深く考えずに、結婚をしたという連絡をすることで配慮しておきましょう。

【不安】赤ちゃんがいるご家族を招待しても大丈夫?

Q.式には私の兄弟や従兄弟、友人が来るのですが、みんな赤ちゃん連れや子供連れが多いので少し不安です。子供の年齢は様々ですが、困っているのは赤ちゃん連れです。式には赤ちゃんも一緒に参列してもらっても大丈夫でしょうか?それとも赤ちゃん連れのご家族の招待は避けた方がいいのでしょうか?もし赤ちゃんも一緒に式に出る場合は、どんなことに気をつけておけばいいか教えてください。

A.まずは両家のご家族・式場とよく相談してみてください。

結婚式における子供連れの参列に対しては、寛容な人もいれば子供連れはやめて欲しいと思う人もいます。質問者さんの式に参列するゲストの皆さんが全員「赤ちゃんが泣いても構わない」などという寛容な気持ちであれば、赤ちゃん連れのゲストを招いても問題ありませんが、少しでも「赤ちゃんを連れてくるのはちょっと・・・」という意見がある場合は、赤ちゃんが式に参列することは避けておいた方が良いかもしれませんね。まずは皆さんのご家族、新郎側のご家族、そして式場側とよく相談してみてください。

皆さんのご家族や新郎側のご家族の意見によって、赤ちゃん連れのゲストを招いてもいいかどうかを判断することが大切です。もし相手側のご家族が赤ちゃん連れのゲストを招くことに対して寛容ではない場合は、申し訳ないけれど式に赤ちゃんを連れてくることは控えて欲しい、と皆さんからゲストにしっかりと伝えるようにしてください。

そもそも友人や知り合いといったゲストの場合は、皆さんの親族ではないので赤ちゃんや子供も一緒に招待しているわけではありませんよね。自分の友人や知り合い本人のみを招待しているということですから、そのような場合は赤ちゃん連れや小さな子供連れの参列は遠慮してもらうよう式の前にお願いしておくようにしましょう。

これは式に参列するための一つのマナーですので、一番良いのは参列される友人の皆さんや知り合いの皆さんが察し、それぞれのご家族に赤ちゃんや子供を預けて来てくれることですが、どうしても不安な場合は赤ちゃんや子供の参列は控えて欲しい、と忘れずに伝えておいてください。

ただし、兄弟や従兄弟などの場合は皆さんの親族ですから、赤ちゃん連れの参列でも仕方がありません。赤ちゃん連れで結婚式に参加することになるため、式場側と相談して赤ちゃんが泣いてしまった時の対処法について考えておくようにしましょう。赤ちゃんと一緒に別室にいてもらう、泣きそうになったら席を外してもらうなど、何らかの対策を考えておくと安心です。近しい親族であればこうした注意も伝えやすいですし、皆さんからもあらかじめお願いしておくと良いでしょう。

【お悩み】年齢を考えて結婚式を挙げるか悩んでいます。

Q.結婚が決まり、式も挙げることになったのですが、私はあまり気乗りしていません。彼は結婚式を挙げたいと思っているようですが、私はもう40代ということで年齢を考えて挙げなくてもいいと考えています。式を挙げても場がシラケてしまうんじゃないかと不安です。式を挙げるべきか本気で悩んでいるので、アドバイスを下さい!

A.自分ではなく周りの人達のために式を挙げてみてください。

結婚式というと、教会でドレスを着て盛大に挙げる・・・といったイメージを持たれるかもしれませんが、こうした式のイメージはあくまでもごく一般的なイメージです。結婚式を挙げるのは皆さん自身ですから、皆さん自身でどのような式にするかを考えることができるのです。

質問者さんは40代という年齢を考え、式を挙げることに積極的ではないようですが、近年では晩婚化が進んでいますので40代で結婚式を挙げる人もとても多く見られていますよ。40代の方が結婚式を挙げることは恥ずかしい、と考えているのであれば、決して派手なものではなく落ち着いた式にしてみてはいかがでしょうか?

質問者さんが気乗りしていないのは、結婚式のイメージが自分の年齢に合っていないのでは?と不安に感じてしまうからですよね。そのような不安がある場合は、今の皆さんに合った結婚式をイメージしてみてください。派手な式ではなく落ち着いた雰囲気の式であれば、年齢を気にすることなく結婚式に臨みやすくなりますよね。衣装もウェディングドレスではなく和装を選ぶなど、より落ち着いて式を挙げられるパターンを選んでみると良いでしょう。

また、式を挙げるべきか悩んでいる皆さんには、結婚をすることを周囲にお知らせする、といったモチベーションで式について考えてみることもオススメです。若年層の場合は自分達を主役として結婚式を挙げることがメインになりがちですが、年齢を重ねていくにつれて式を挙げることに対する考え方も変わっていくものです。

質問者さんは式を挙げるべきか悩んでいるということですが、どうしても悩みが消えない場合は、自分のためではなくご両親などこれまで自分を育てて愛してきてくれた人達に向けて式を挙げる、という考え方に変えてみてください。ただ式を挙げることよりも、自分が結婚をするということに重きを置いてみるのです。結婚をするにあたってお世話になった人達のために式を挙げる、という考え方をすれば悩みも楽になりますよね。このような結婚式の挙げ方も大いにアリなので、ぜひ自分が主役なのではなく周りの人達を主役にした式を作り上げてみてください。

【お悩み】ドレスってどんなものを選んだらいいでしょうか?

Q.40代で初婚なのですが、結婚式でどんなドレスを着ようか悩んでいます。年も年なので、あまり可愛げのあるものは着られませんよね。イタいと思われるのも嫌ですし・・・。40代で着ても恥ずかしくないウェディングドレスのデザインを教えて欲しいです。

A.できるだけシンプルなデザインをオススメします。

40代で初婚を迎えられる皆さんは多いのですが、ウェディングドレスをどのようなものを選ぶべきか悩んでしまう皆さんも同様に多く見られます。10代や20代などの若年層が着て似合うドレスと40代である皆さんが着て似合うドレスは、やはり大きく違いがあります。

ウェディングドレスというとフリルやレースが盛りだくさんなイメージがありますが、このようなタイプのドレスは若年層の皆さんが着ることを想定して作られているため、40代以上の皆さんが着るとなると少々無理があるように思われてしまうことも少なくありません。年齢がいくつでも似合えば良い!とも言えますが、せっかく40代という年齢を重ねてきたのですから、今の皆さん自身に合ったドレスをチョイスしてみることをオススメします。

一番のオススメポイントとしては、できるだけシンプルなデザインのドレスを選ぶことです。大人が着るからこそ形になるシンプルなものを選ぶことで、今の皆さんの年代に合ったスタイルを作ることができるようになりますよ。もちろんフリルやレースなどがあってもボリュームが抑えめであれば大人が着こなせるドレスになります。

ただ若年層向けのドレスにおける使われ方ではなく、デザインの上のポイントとしてフリルやレースが上手く使われているタイプのドレスを選ぶことはよくチェックしておいてください。どうしてもフリルやレースが多用されると子供っぽいイメージになってしまうため、質問者さんが思われるように”イタい”印象を与えてしまうことがあります。可愛さの中に大人っぽさがあるというよりも、大人っぽさの中に可愛さがあるようなデザインのドレスであれば、40代の皆さんでも無理なくキレイに着こなすことができるでしょう。

自分に合うウェディングドレスの選び方は難しいものですが、まずは今の皆さんが着て一番似合うものを選んでみることが重要です。また、敢えてポイント的に露出を増やしてみるなどの工夫をすることでより大人っぽくドレスを着こなすこともできます。しかし、露出の多いドレスを着る際にはダイエットやスキンケアも念入りに行っておくことが大切ですから、結婚式に向けてブライダルエステなどを受けてみても良いでしょう。ドレスをキレイに着るために、皆さん自身の努力も忘れないようにしてくださいね。

【心配】ウェディングプランナーを変更してもらうことはできるの?

Q.担当してくれているプランナーの方にちょっとした不満があり、変更をお願いしようと思っているのですが、ウェディングプランナーをこちらから変更していただくことって出来ますか?こちらとしてはもっと積極的に式について考えて欲しいので、もっと協力的になってくれる方にお願いしたいと思っています。

A.変更出来ないことはありませんが、もっと話し合ってみましょう。

ウェディングプランナーを変えて欲しい!という要望はよく聞かれます。質問者さんのように積極的・協力的に働きかけてきて欲しいという要望、事務的に仕事をこなさないで欲しいという要望、または気が合わないから変えて欲しいという要望まで様々です。質問者さんのケースはプランナーの方にもっと式について考えて欲しいということですが、まずはそのプランナーの方と隅々までよく話し合ってみてはいかがでしょうか?

もちろん、不満がある段階でプランナーの変更が出来ないということはありません。ただ打ち合わせの回数がまだ少ない場合には、プランナーの方との意思疎通があまり取れていないこともありますよね。ウェディングプランナーは仕事として業務を行っていることもありますし、他にも顧客はたくさんいるため、皆さん一人のために満足のいく対応が出来ないこともあります。そのようなことで不満を感じているのであれば、まずは皆さんの方からプランナーの方へ働きかけてみてください。

どのような式を挙げたいのか、プランナーには何を求めているのか、どのような部分に協力をして欲しいのか、皆さんの要望をハッキリと伝えないことには今後のプランもしっかり立てていくことが出来ません。

ウェディングプランナーの方から様々な提案が出されることもありますが、実際にその提案を受け入れるかどうかは皆さん次第です。そのようなことからプランナーの方からはあまり提案をしないというケースもあるものです。プランナーによって仕事の仕方も異なりますから、まずは皆さんがウェディングプランナーに求めていることを伝えることから始めてみてください。

打ち合わせをしている回数が少ないようなら、まだまだこの先意見を言い合える場は多くなるかと思います。もし変更を考えている場合は、不満は溜め込まずにプランナーの方へしっかり伝えて話し合う、ということを実践してみてください。本当に変更してもらうかどうかについては、皆さんとプランナーとでよく話し合ってから考えていきましょう。

【ご質問】結婚式の費用はどのくらいかかりますか?

Q.この度結婚式を挙げることになりました。そこで質問なのですが、結婚式の費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?目安や見積もり程度でいいので、教えて頂けると助かります!

A.費用は大体100万円〜150万円で見積もってください。

結婚式の費用は大体100万円〜150万円を目安にしておきましょう。もちろん式のプランによっては150万円以上かかってしまうケースもありますし、節約することが出来るのであれば100万円以下で式を挙げることも可能ですよ。あくまでも目安ということで、実際にかかる費用は質問者さん次第ということになります。

また、式の費用をご自身で出すのか、それとも皆さんのパートナーの方が出すのか、どちらかのご両親が出すのか、といった費用面の負担についても目安としておくポイントは異なるかと思います。費用の負担に関しては両家で折半、というケースが多く見られています。どちらか一方が負担をすることによって後々わだかまりが出来てしまうなど、今度は心の負担が増えてしまい兼ねません。もし費用を折半される場合は両家の負担額をしっかり分担することが出来るよう、それぞれが注意しておくことも忘れないようにしてください。

さらに結婚式と一口に言っても様々ですから、皆さんの満足のために挙げるのか、両親への感謝のために式を挙げるのか、といった式への思いによっても費用には大きな差額が見られますね。どのような式を挙げたいのかをハッキリさせておくことも、費用の見積もりを取る際には必要です。ウェディングプランナーとよく相談しつつ、皆さんが納得出来る費用で式を挙げるようにすると良いでしょう。

そして結婚式を挙げること以外にも、披露宴、二次会、新婚旅行といったように費用がかかることもありますよね。質問者さんの場合は式以外のことをどのように計画しているのかは分かりませんが、もし披露宴や二次会を行うことも予定しているのであれば、式以外の方面でどのくらいの費用がかかるのかも想定しておかなければなりません。結婚式のみ挙げる場合は式の費用をメインとして考えていけますが、その他にも費用がかかるような場合には全体を含めた負担額を計算しておくようにしましょう。

式の費用に関してはゲストからのご祝儀を頂くことで黒字となるケースが多いですが、ゲストを招く人数や式自体の規模などにもよりますので、今後のことについてもよく考えた上でで見積もりを取っていくようにしてください。

サイトマップ